事故車の買取サービスを利用するならどこがいい?おすすめサービスや関連情報のまとめ

「事故車は買い取ってもらえない」、あるいは「動かない車は廃車にするしかない」、と思い込んでいませんか?事故車だからと言って、あきらめてしまう方がほとんどです。

一旦事故車になってしまうと、すぐにでも処理したい心境になるのは、ごもっとも。あまり手間はかけたくないのが正直なところです。

廃車の方が手っ取り早く、簡単と思っている方が多いかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。個人でも廃車の手続きはできるものの、業者に依頼するのが一般的ですよね。まずは業者探しに始まり、車の状態や状況にもよりますが、数万円ほどの費用がかかってしまう場合もあります。車を失ううえに、出費となると、ますます気落ちしてしまいます。

事故車の処分は、本当に廃車が一番楽で、手間がかからないのでしょうか。

いえいえ、そんなことはありません。手間がかからないうえに、お金を出すのではなく、逆にお金を受け取る方法もあるんです。

つまり、事故車でも買取ってもらえるサービスを利用すればよいのですが、ご存知でしょうか。

お金を出さなければならない廃車と、お金が入ってくる売却。どちらがいいでしょう。当然、売却ですよね。それでも物を売るとなると、いろいろ面倒なことがありそうです。それに、もし売れるのであれば、少しでも高く買い取ってくれる業者を探したいものです。

ところが、事故車でも買い取ってもらえる店舗をすぐに探すのは簡単ではありません。

ここでは、残念ながら手放すことになってしまった事故車について、どうやって処分したら良いのかをまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

カービュー事故車査定

事故車の定義

ここまでに繰り返し使っている、事故車、という表現ですが、一体どういう状態の車を指すのでしょうか。改めて聞かれると、戸惑う方も少なくないと思います。

交通事故などで大きく破損した車をイメージする人が多いと思いますが、大きな破損があるからといって、また意外かもしれませんが、交通事故を起こしたからといって、必ずしも事故車になるわけではないのです。事故車であるか、無いかは、修復歴があるか、無いかで判断します。

そのため、事故車は、修復車と表記されることもあります。さらに、どのような修復が問題になるかというと、次に挙げる9つの自動車の骨格部を損傷し、その部分を交換、あるいは修理した経歴がある車を「事故車」と定義しています。(自動車公正取引委員会などによる)

  • フロントクロスメンバー
  • ラジエータオアサポート
  • フロントインサイドパネル
  • フレーム
  • ダッシュパネル
  • ピラー
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ルーフパネル

これらは、車の安全性を重視されて設計されている最も重要な骨格部位であることから、いずれかに修理や交換が行われた際には、修理歴のある事故車として扱われます。修理や交換に至った原因は、事故に限りません。近年急増しているのは、自然災害によるものです。河川氾濫や冠水による水没や海岸沿いの塩害、土砂崩れや地震による埋没や倒壊物の下敷きなどで、重要骨格部が損傷や破損した場合も事故車と見なされてしまいます。

ちなみに、前述の9つの骨格部の交換や修理が重要視される一方、次の部位については交換や修理をしても事故車にはなりません。これらの部位が万が一破損しても、きちんと修理や交換がされていれば、査定に影響することはほとんどありません。

  • フロントバンパー
  • ロアスカート
  • フロントフェンダー
  • ボンネット
  • リアフェンダー
  • トランクリッド
  • リアバンパー
  • サイドシルパネル
  • ドア

事故車を売却できる理由

事故車の定義を先述しました。車の安全性に影響が大きい主要部位が修理や交換された車でしたね。確かに、事故車を売却する時に、修理歴の有無は多かれ少なかれ査定に影響しますが、車の価値は事故車であるかどうかが全てではありません。

もちろん、中古車を購入する人の中には、修理歴が無いことを最も大事な選択条件として挙げる人もいるでしょう。

けれども、車種やデザイン、走行距離など、車選びで重視するポイントは、人さまざまです。

例えば生産が終了した人気モデルであれば、ある種のコレクターの間で下手をすると新車よりも高額で取引される場合もあります。欲しい人にとっては、最も大事にしている要素を備えた車であったり、希少価値のある車であれば、事故車であるかどうかは全く関係ないのです。

廃車が売れる理由

最近では中古車を購入する際に、ネット検索するのが常識になっていますよね。中古車を購入した経験がある方は既に利用したことがあると思いますが、さまざまなネット中古車販売サイトがあります。そのようなサイトに掲載されている車に関する情報の中には、修理歴の有無が必ず表示されています。

サイトで紹介されている車のどれもが、修理歴無し、だと思いますか?決してそんなことはありません。修理歴がある車も、堂々と販売されています。事故車でも売却できることが、お分かりいただけたでしょうか。

廃車でも売却できる?

車同士の追突やガードレールへの衝突、または自然災害などでメチャメチャになった車を目の当たりにしたら、すぐにでも廃車にしたい。誰でもそう思うに違いありません。

廃車以外に考えられないような状態になってしまった車。そんな車を売却などできるのでしょうか?答えは、イエス。廃車でも売却できるんです。

車を買い取る業者には、2種類あります。一つは、買い取った車を中古車として再販するディーラーもしく車販売業者。なるべく手間も費用もかけずに車を再販したいこれらの業者にとっては、より状態の良い車を買い取ることが重要ですから、廃車を買い取ることはまずありません。もう一つは、買い取った車を車としてではなく、別の商材として再販等を行う買取業者です。廃車を買い取ってくれるのは、この後者の買取業者になります。

廃車になっても、車はまだまだ価値のある商材です。一定の修理の後に、車が走行する状態であれば、海外に輸出されるケースが少なくありません。

カーナビ オーディオ パーツ

日本では廃車とみなされて買い手が見つからなくても、走行しさえすれば、日本の中古車は海外では非常に強い人気があり、高額で取引されています。車が走行できない状態であれば、その車体パーツや、カーナビやオーディオなどの車載製品などが部材や単体商品として取引されています。

廃車しかないと思われるような車でさえ、その車体の金属や繊維はリサイクル材として取引が可能です。車はたとえ廃車の状態になっても、捨てるところが無い、と言っても過言ではありません。車としての本来の機能を失っても、買取業者は廃車の中にまだたくさんの商品価値を見出すことができるのです。

事故車を廃車にする?買取してもらう?その判断基準は

相当なレベルの破損を負った愛車。修理に出すか、そのまま廃車にするか。迷いますよね。衝撃で変形したり、ドロや水没で無残な姿になった車を見ると、何もせずに即廃車処分以外は考えられなくなりますが、たとえ廃車でもその気になれば売却できることは、先ほどお話した通りです。

廃車にするか、修理してでも買取してもらうか。ここでは、それを判断する際のポイントを説明していきます。

車を廃車にすると決めたら、その手続きを自分で行うにしても、廃車業者に依頼して手続きを代行してもらうにしても費用が発生することも先述した通りです。

廃車にする車が、事故車であるかどうか、この場合には関係なく、かかる費用は同じ。廃車にする時にどれくらいの費用がかかるかをしっかり確認しましょう。これが最初のポイントです。廃車業者によって費用はまちまちですから、必ず複数業者から見積りをとることをお忘れなく。

次に確認すべきは、修理代。事故車と扱われるかどうかにかかわるような重要骨格にどれくらいのダメージがあり、その交換や修理にかかる費用の確認です。言うまでもなく、これも複数の修理業者から見積りをとって下さい。

廃車 売却

最後に確認すべきは、事故車の買取金額です。ここまでに、廃車にした場合の費用、そして修理代を確認してきましたよね。廃車にしてしまうと費用がかかる、つまりマイナスになることは明らかです。この最後に確認する事故車の買取金額から、修理代を引いた結果がプラスであれば買取してもらう方が良い、という判断ができるわけです。

ここで勘のいい人なら、廃車にするか、買い取ってもらうかに迷ったら、先に事故車の買取価格を確認すれば良いことにお気づきでしょう。その通りです。事故車であることを前提に、まずは一体いくらで売れるのかを確認します。その上で、修理代を見積もってもらい、買取金額から修理代を引いておつりがくるなら、買取ってもらう、というわけです。

修理代の方がずっと高くつくようであれば、そこで初めて廃車を検討しましょう。事故車がいくらで買い取ってもらえるかを知りたい!そんな時はどのようなサービスが利用できるでしょうか?各種サービスの特徴やどんなメリットがあるか見ていきましょう。

事故車を買い取ってくれる店舗探し

事故車買取の実店舗を探すのは難しいかと思います。通常的には、普通の中古車買取店を訪ねることになりますし、事故車専門の買取をしている店舗は少ないでしょう。

また、これは事故車に限った話ではありませんが、実店舗を回って納得の行く買取額を提示してくれる業者を探すというのは骨の折れる作業となります。複数の店舗を回って、一番高額な買取額を提示してくれる業者も見つけたとしても、労力に見合ったものにならないことが想像できるかと思います。

査定にもそれなりの時間を要するため、オンラインサービスを利用するのが懸命となります。

事故車のオークション

事故車 オークション

ヤフーオークションなどのオークションサイトを利用するのはどうでしょう。

オンラインサービスですので、実際にリーチできるエリアが広がるため、買取手が見つかりやすいのは確かです。

ただし、実際にその事故車を買い取るのは誰だと思いますか?

個人で事故車を買い取る人はあまりいません。普通に考えると、事故車を買い取るのは業者ですよね。多少、事故車に精通した中古車買取業者です。

となると、最初から中古車買取業者と取引したほうが余計なマージンが発生せず、お互いにメリットがあります。

オークションでは、システムの利用料など、余計な経費がかかりますので、利用することによるメリットよりもデメリットが目立ちます。

一石二鳥のオンラインサービス

事故車を含めた中古車買取業者を相手にするのであれば、最初から直接やり取りしたほうが良いです。

とはいえ、各業者に直接コンタクトをとっていくのもそれはそれで大変です。多くの買取業者が存在しますので、最も労力を抑えて効果を得られるのは、一括査定サイトを利用することです。

オンラインで利用できる上、手間も省けるサービスですので、一石二鳥です。この一括査定サービスのメリットについて見ていきましょう。

事故車一括査定のメリット

交通事故や自然災害、さまざまな原因で突然愛車が事故車になってしまう。残念ながら誰にでも起こり得ることです。

事故車になってしまい落ち込んでいる中で、さまざまな手続きをこなさなければいけない状況に陥ります。特に心配になってしまうのは、出費。車を失ううえに、一体いくらのお金がかかるのか。不安だらけの中では、正しい判断もしづらいですよね。そんな時に頼りになるのが、オンラインの事故車一括査定サービスです。

事故車一括査定のメリットは、簡単な操作で事故車の情報を一回入力するだけで、わずらわしい手続きをせずに、短時間で複数の業者から買取りの価格を確認できることです。ネット検索で買取会社を探したり、会社ごとにいちいち同じ情報を伝えて買取価格を確認するような手間や時間はかかりません。

また、査定を行うのは、サービス提供会社の審査を通過した、信頼できる会社ばかりです。急いで売りたい人の弱みにつけこむ悪質な買取業者も世の中にはあります。そんなリスクを回避できる点も、事故車一括査定サービスを利用するメリットです。

事故車買取のおすすめ一括査定サービス

↓↓↓

カービュー事故車

一括査定の流れ

スピードと安心の両方が確保された事故車一括査定サービス。実際どんな手順で利用できるのでしょうか。ここから、具体的に一括査定の流れをご紹介しましょう。

売りたい人が最初にすることは、事故車が国産車なのか輸入車なのかという情報と、連絡先をオンライン入力するだけです。サービス会社からすぐに条件にあった査定会社が最大8社まで紹介されます。売りたい人は、その中から希望の査定会社を選びます。

8社も紹介されても、その中からどうやって選べばいいのかと困惑する人もいるかもしれませんが、心配ご無用。そんな人のために、一括査定サービス会社は査定会社の口コミ情報も提供しています。取引をした売主のコメントや感想を参考に、査定会社を選ぶことができます。

選んだ査定会社からは、通常2日営業日以内にメールや電話で連絡が来ます。そこでさらに詳しい相談や質問をしたり、売却相場額の情報提供を受けたり、必要に応じて出張査定を行います。その結果、複数社からの査定額を比較し、最も満足できる金額を提示してくれた査定会社を決めたら、あとはお任せです。

一括査定の流れの中で、売りたい人がどこかに出向いたり、やらなければならない作業は一切ありません。もちろん、費用も一切かかりません。

事故車買取のおすすめ一括査定サービス

↓↓↓

カービュー事故車

事故車売却時の注意点

事故車の定義や、事故車でも売却できることを説明してきました。ここでは事故車を売却する上で必要なことを、さらに詳しく説明していきます。不幸にも愛車が事故車になってしまった方、事故車は売却できるんです。

どうぞあきらめずに、最後までしっかり読んで下さいね。自然災害が多発する昨今、いつ愛車が事故車になってもおかしくありません。他人ごとと思わず将来に備えた知識としても、是非知っておきましょう。

ここからは、事故車を売却する時に最も共通する疑問を中心に、具体的な注意点を説明していきます。

修理歴は報告した方がいいのか?しなかった場合は?

なるべく高く売りたい気持ちから修理歴を隠そうとする人がいますが、これはもっての外です。修理歴の申告は義務化されていますし、隠そうとしても査定段階でほぼ百パーセント見つかってしまいます。

発覚したことによって、査定額が減額されてしまうこともありますが、それはまだいい方かもしれません。意図的に修理歴を報告しないと、違反行為として責任を問われ、車を売却できないばかりでなく、状況によっては損害賠償を求められることにもなりかねません。

修理歴は正直に、正確に報告しましょう。なお、前オーナーが修理歴を報告せずに、現オーナーが売却しようとした時に初めて修理歴のある車であることを知った、という場合は、前のオーナーが違反行為を問われます。

ローン返済中の事故車について

事故車 ローン

多くの方が、車の購入にローンを利用していますから、ローンがまだ残っているうちに、愛車が事故車になってしまうケースも珍しくありません。ローンが残っている事故車を売却する際は、ローン残額を確認し、できればそれを上回る買取額を提示してくれる業者を探しましょう。

1社や2社からではなく、なるべく多くの買取額情報を集めることが重要です。ローン残額を上回る買取額が提示されることが理想的ですが、そこまでいかなくても、より高額で買い取ってもらえれば、ローン返済にまわすことができますよね。こんな時にも有効活用したいのが、やはり事故車買取のオンラインサービスです。

トラブル事例

事故車の売却で発生する可能性の高いトラブルの一つが査定額の減額です。修理歴もきちんと報告しているのに、査定結果で思った以上に問題が多い、などの指摘で契約金額を下回る売却額しか払われない、というケース。

修理歴を意図的に隠したなどの売り手側に何らかの過失が無い限り、買い手側の意向で契約金額を減額することはできません。万が一、査定したところ、実際思った以上に問題が多い車であったとしても、最初の段階でそれを見抜けなかった買い手の落ち度と見なされます。

トラブルの多くは、お金にからむ内容が目立ちます。車も引き渡したのに、いつまでも売却金が支払われないなども、トラブル事例として挙がっています。大小さまざまなトラブルを避ける最良の方法は、信頼できる業者を選ぶこと。

より高い査定額を出してくれる業者が一番魅力的ではありますが、他業者に比べて極端に高い金額を提示していたら、要注意です。納得のいく買取額を提示している業者を見つけたら、その会社のHPで会社概要や取引実績などをチェックするのもおススメです。

事故車を売却する時の必要書類・保険手続きは?

事故車に限らず、車を売却する時に必要とされる主な書類は次の通りです。軽自動車の場合は、実印や印鑑証明書は不要で、通常の印鑑を用意して下さい。

・自動車検査証(車検証)
・実印
・印鑑証明書
・自動車税納税証明書<
・リサイクル券の預託証明書
・自賠責保険証明書(自賠責)

これ以外にも、状況によっては戸籍抄本や住民票コピーが必要になる場合がありますが、どんな場合でも一律に上記の書類が必要になることを覚えておいて下さい。これらの書類が売却先の業者に渡すだけで済む一方で、自分でしなければならない手続きが一つあります。それは、任意保険です。

任意保険については、業者に代行してもらうことができず、加入者本人でなければ手続きができません。乗り換えであれば、次の車が納車される前に手続きをすれば従来の等級を引き継ぐことになりますが、次に乗る車が決まっていない場合は、任意保険の中断証明書の発行手続きを忘れずにやっておきましょう。

但し、中断証明書が発行できるのは、7等級以上に限定されています。事故等で保険を使ってしまい、6等級以下の場合は発行されません。また、中断証明書を発行しておかないと、通常6等級からスタートになってしまいます。中断証明書の有効期間は10年もありますから、その間に次の車が決まれば中断前の等級で保険加入できます。

カービュー事故車査定

まとめ

いつ自分が事故車のオーナーになってしまうか分からない昨今。慎重な運転をしていても、事故に巻き込まれてしまう可能性は十分ありますし、むしろ毎年発生している自然災害によって事故車になってしまう確率が非常に高くなっています。ある日突然事故車のオーナーになってしまった時でも、すぐに廃車の手続きをしてしまう前に、まずは事故車買取一括サービスのことを思い出して下さい。

最近、事故車買取一括サービスを提供する会社が少しずつ増えてきています。需要の高まりと共に、全く異業種分野からこのサービス事業に参入してきている会社も少なくありません。増加中のこのようなサービスの中で、より良いサービスを提供している会社選びのコツを最後に説明しておきましょう。

サービスを提供するサイトの下の方を見ると、そのサービスサイトを運営する会社へのリンクがはってあるはず。もしそのような運営会社情報が明記されていない、あるいは分かりにくい場合は、その時点でそのサイトはユーザーに親切とは言えません。提供されているサービスの質もあまり期待できないかもしれません。

分かりやすく運営会社を紹介しているサービスサイトであること。これが良いサービスを提供している会社選びのコツです。さらに言えば、運営会社が車の買取や販売分野で実績のある会社であれば、万全です。

事故車になっても、愛車には変わりありません。愛車だからこそ、より高い査定額で売却したいですよね。事故車、いえ愛車にふさわしい納得の売却と安心のサービスを一石二鳥で実現できるのが中古車の一括査定サービスです。愛車が事故車になってしまう前に、是非一度、チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました